審査のポイント

ローン審査

審査のポイント


フルート審査の面では抑えるポイントがいくつか存在します。

 

まず第一のポイントとして、年収に対するローンの年間返済額の割合である、返済比率があります。

 

マイカーローンや教育ローンなど、他のローンがある場合、それらのローンもこの比率に反映されます。

 

基本的な割合は平均して35%となっており、年収などによりこの割合は30%~40%の間で推移します。

 

なお年収が高ければ高いほどこの割合は大きくなります。次に第二のポイントとして担保掛目が挙げられます。

 

これから購入を予定されている住宅の価値に対する、ローン借入希望額の割合のことを指します。

 

一般的な金融機関ではこの担保掛目の割合が80%~90%という場合が多いのですが、100%融資可能という金融機関も存在します。

 

また諸費用ローンという商品を併用することにより、貸し出しを可能にする金融機関も存在し、頭金、諸費用といった初期費用をほとんど必要としないケースもあります。

 

最後に第三のポイントとして勤続年数があります。

最低3年以上の勤続年数が必要とされます。

1年以上でも可、という場合が増えていますが、その分審査は厳しくなる傾向にあります。例えば自営業などは、1年ではなく3年以上の営業実績を必要とされます。