審査のポイント

ローン審査

組む年齢と払い終わる年齢


居宅を購入する際には、申込み先によって色々な判断がありますが、年齢制限というのもその一つとしてあります。

 

借入時年齢は下限は20歳、上限は70歳で、完済時年齢が80歳未満としているところが多いです。これにはもちろん理由があります。

 

下限は未成年への貸付は行わないということです。

 

上限に関しては、ローンを組む際に団体信用生命保険に加入するのですが、それが認められることが条件の一つになります。

 

当然ながら、年齢が上がれば病気や死亡のリスクがありますので、ある程度の年齢に限られるのはやむを得ません。

 

そして、何よりも重大なのは返済です。

現在の日本社会では50歳を超えると、年収が減っていく傾向にあります。

また、65歳からは年金生活になります。

 

ですから、借入時年齢がは0歳までとはしていますが、60歳を超えると一般的には認められることは少なくなってきます。

 

同じく、50歳で借りて79歳で完済というプランで申し込んでも断られることは間違いありません。

よほどの小額でなければ、年金だけで毎月返済していくことは難しいからです。

 

上限年齢に近い形での借入は、自営業者や会社の役員などの場合であると考えておいた方がよいです。一般的には45歳位までに借りて65歳くらいまでに返済、そして退職金も考慮に入れるという形であれば申し込みやすいです。


コメントを受け付けておりません。