審査のポイント

ローン審査

事前審査から購入までの流れ


事前審査とは、ローン契約が成立する前に行われる仮審査のことです。つまり正式的な本審査に至る前の前段階に位置するもので、仮審査でローンの審査が通っても本審査では通らないということはよくあることです。

 

 

大抵の金融機関においては審査を二重に行うことによって、事務手続きの簡素化とローン利用者の絞込みを図ることが出来るため採用しています。事前に行う仮審査は、住宅購入の流れの中でも入り口に過ぎません。

 

 

その手続きについては、金融機関の窓口やインターネットからでも申し込みをすることが可能です。新規申し込みが可能かどうか心配な人やどういったプランがあるのかを迷っている人、窓口に行く時間が取れない人にとっても最適です。

 

 

実際には決められたフォームに必要事項の入力を行い、その入力を元に金融機関がローン契約を結ぶかどうかの判断を行います。そして、仮審査に通ればローン契約のための申込書や必要書類等をそろえて提出して、本審査を行う事となります。

 

 

その本審査を通過すれば、住宅購入資金の融資を受けることが出来るので正式に契約を行う流れになります。利用者からすれば、二重のハードルがあるということとなりますが、それをクリアすることで夢のマイホームを手に入れることに繋がっていくわけです。


コメントを受け付けておりません。