審査のポイント

ローン審査

返済比率35%以内とはどういうことか


住宅の購入によって融資を受ける場合には多くの基準によって審査が行われていますが、その中に返済比率35%以内と言う条件があります。

 

簡単に言えば、不動産担保ローンを利用するに当たり他のローンとの合計額と年収との関係の割合を判断することを言います。

 

融資を受けた場合の年間返済額とその他のローンの合計額を年収で割ることによって返済比率を求めることが可能ですが、この比率が35%以内になっていなければ審査に通ることができないのが一般的です。

 

ですから、目的である不動産購入のためのローン以外に、マイカーローンやショッピングローンなどがあると返済比率が上がってしまい35%を超えてしまうことがあると言えます。

返済比率は融資を行う金融機関によって若干異なる場合がありますが、内容については公表されていないため概ね35%以内であれば確実に融資が受けられる基準に達していると言えます。

融資審査でクレジットカードを多く持っていると審査に通らないと言われているのは返済比率が関係していますので、使っていないカード類は解約してから審査を受けることも大切です。

 

一部の金融機関では年収に応じて返済比率が異なる場合がありますので、融資審査を受ける場合には注意が必要です。


コメントを受け付けておりません。