審査のポイント

ローン審査

事前審査は通ったのに本審査が通らない理由


マイホームを購入するに当たっては、ローンを組む方がほとんどです。
このローンはかなり高額になるため、二段階の厳正な審査が行われます。

 

まず事前審査で、源泉徴収票や建築関連の書類等の必要な情報を提出し、個人の信用情報も調べられます。
いわば、必要な情報のほとんどはこの段階で審査されているのですね。
ですから、こちらに通れば本審査もほとんどは通るとされています。

 

しかし、中には事前が通ったのに本審査で落ちたという方もいらっしゃいます。
それはなぜかというと、事前のときに申告していた内容と違った状況が発生した場合です。
例えば、事前が通ってからキャッシングをしてしまったりして債務が発生してしまったとか、通ったあとに何らかの理由で退職してしまったとかいう理由ですね。

 

これは明らかに返済能力に影響を与えることですので、却下せざるを得ないことです。

 

弦

また、団信に入るために、健康状態が良好でなければなりませんが、こちらの方で不安が見つかった場合なども落ちますね。
事前は銀行が審査しますが、本審査は保証会社が審査することになり、より詳細な内容を確認する作業になってきます。
申告に虚偽が無く、事前のときと状況が変わっていなければ恐らく大丈夫ですから、無事に契約できるまでは債務を増やしたりしないようにしましょう。


コメントを受け付けておりません。