審査のポイント

ローン審査

クレジットカードを多数所有していると不利なのか


この疑問に端的に答えるのであれば、ローンなどの審査の際にクレジットカードのキャッシング枠を借金として数える場合が有るため多数所持していると若干不利になる場合があります。

 

ローンの審査の際に使われる信用情報には、サラ金の借入から携帯の分割支払いの代金まですべてが記録されておりカードの使用状況や契約内容まで分かります。そしてカードを多数所有するという事はキャッシング枠も多く存在して居るということになりますが、キャッシングというのは今使用していなくてもすぐに借入を行うことが出来るので審査において借金と同じ枠で扱われることが多いのです。

 

ですのでカードを多数所有するという事はそれだけ借入を行なっていると同等の扱いになるので不利になるのです。
しかしこれも企業の審査基準によりますが、カードの枚数よりも今の勤務形態や勤務状況、資産状況や保証人の有無などの方が重く見られることが一般的ですし。信用情報でもカードの枚数よりも過去の滞納歴などを重く見られます。
ですので落とされる理由が他に思い当たらないのであればカードを解約やキャッシングを停止するなどしたら審査に受かるかも知れませんが、解約したからと言って受かるという訳でもありません。

譜面02


コメントを受け付けておりません。