審査のポイント

ローン審査

理想的な自己資金は購入価格の何割程度か


譜面01

 

大多数の人にとって住宅の購入というものは、一生のうちで最も高価な買い物になります。しかも住宅とは本当に高額なので、現金一括払いで購入できる人などはごく僅かです。実際、圧倒的大多数の人はローンを組んで毎月返済し続けることになるのです。

 

ただ、その返済期間や毎月の返済額というものは、人それぞれ様々です。なぜなら、購入する住宅の価格もまちまちですし、契約時の頭金の額なども人によって違うからです。しかも、ローンを組んだ時の金利も、その時によって違ってくるのです。

 

とにかく、様々なことを考慮すると、自己資金というものは多ければ多いほど有利であることは間違いありません。しかし現実を考えると、豊富で潤沢な資金を持っている人は少数派です。多くの人は、少ない資金で如何にして経済的に遣り繰りするかで頭を悩ませているのです。

 

それでは住宅購入の頭金は何割が良いのかというと、一概には言えません。確かに頭金を大きくすれば毎月の返済の負担は少なくできますが、その代わり、十分な頭金を貯めるまでは借家住まいのままです。今すぐ買うか、十分な頭金を貯めてから買うか、どちらにしても長所も短所もあるのです。それらの兼ね合いから、自分に最も相応しい頭金を自ら算出すべきなのです。

 


コメントを受け付けておりません。