審査のポイント

ローン審査

他社でローンを組んでいたら審査にとおりにくいのか


他社でローンを組んでいた場合、審査にとおりにくいのかどうかといいますと、一般的にはハードルが上がるということがいえます。

 

例えば、銀行で借入を組む場合、どの程度まで貸し付けるかは各銀行の判断によって異なっていますが、概ね3分の1程度とされており、その程度で治まるのであれば問題はありません。

 

ただし、他社の借入が住宅購入のため、車両購入のため、子供の教育資金のためなどの資金使途がはっきりとしているものであればマイナスにはなりませんが、消費者金融からの借入などですと明らかにマイナスになります。

 

また、消費者金融で借入を行う場合は、社会通念上緊急を要するものを除いては年収の3分の1を超えてはならないと法律で決められています。

 

そして、その範囲内での借入であっても、3社までですと問題ないのですが、それを1社超えるごとにハードルが段々と高くなって行きます。

ただし銀行でも消費者金融でもいずれの場合にも、不動産や有価証券などを担保に入れる有担保ローンでの申請であれば問題はありません。

 

いずれにしても、借入を申請する際には、1社でも他社ローンを減らした方が有利に働くのは間違いありません。

借入先が多いと、返済に困るのと借入に抵抗がないと判断されてしまうからです。


コメントを受け付けておりません。